記事詳細ページ

今から始められるボランティア〜収集ボランティア〜

今から始められるボランティア〜収集ボランティア〜:画像


1、収集ボランティアとは


 使い済みの切手や書き損じのはがきなどは、集めている団体に送れば、福祉活動や発展途上国の支援活動に役立てられます。
 こういったものを集める活動は収集ボランティアといいます。



2、社会福祉協議会で集めている収集物


社会福祉協議会では以下のものを集めています。
  • 使い済み切手
  • 書き損じはがき
  • 未使用はがき
  • プルタブ
  • ペットボトルのキャップ



3、収集物の使い道


使い済み切手・書き損じはがき
 →例えばザンビアでは助産師立ち合いのもと、施設で安全に出産することができます。
支援1回につき必要な使い済み切手は2kg、はがきは52枚となっています。

ペットボトルのキャップ
 →集められたキャップは選別・袋詰めされて売られます。そのお金で購入されたワクチンは国際児童基金(ユニセフ)を経由して世界の途上国の子供たちに届けられています。
ワクチン1人分につき必要なペットボトルのキャップは約6.7kgです。

プルタブ
 →プルタブを買っていただけるお店に売り、お金は地域福祉のために使われます。
他の場所では車いすと交換していただける場合もあるそうです。


4、現在の収集状況


社会福祉協議会ではこれまでに以下の収集物を集めることができました。
ご協力ありがとうございます。

使い済み切手 約1060g (支援0.5回分)
書き損じ、未使用はがき 46枚 (支援0.8回分)
ペットボトルのキャップ 約1692kg(ワクチン約343人分)
缶のプルタブ 約197kg



5、活動のお礼とご協力のお願い


収集ボランティアは誰でも気軽に始められるボランティアです。日頃なにげなく捨てているものが誰かを助ける手助けになるかもしれません。
家に収集ボランティアの対象となるものがたまっている、あるいは残していただいている場合は社会福祉協議会までお持ちください。
皆様のご協力をお待ちしております。

2020.06.12:[ボランティアパーク - ボランティア募集・活動予定]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映

宮内 弘美

当長井市ボランティアセンターのホームページをご覧頂きましてありがとうご..

バナー1

バナー2

バナー3

バナー4

バナー5


トップページこのサイトについて個人情報保護方針アクセスマップ
相談パーク地域パークボランティアパーク障がいパーク介護パーク
ちびっこパークシニア団体パークNPOパーク社会福祉協議会についてお問合せ
社会福祉法人 長井市社会福祉協議会 〒993-0011 山形県長井市館町北6番19号
TEL 0238-88-3711 FAX 0238-88-3712

(C) みんなでつくる長井のふくし情報サイト ながい ふくしランド All Rights Reserved.

合計1,050,975件 今日555件 昨日762件